鬼北町近永地区秋祭り 2005年11月13日

[その1] /  [その2] /  [四つ太鼓特集]

その1〜近永探訪

太鼓台と呼ばれるもの、或いはそれに類するものは、瀬戸内沿岸を中心に西日本に広く分布しており、 愛媛の南予地方にも四つ太鼓と呼ばれる太鼓台の一種が存在しています。 太鼓台の伝播と分布というのは、個人的に非常に興味深い事柄ですので、機会があれば、この四つ太鼓を 是非この目で見てみたいと思っていました。

* * *

というわけで、去る11月13日、北宇和郡鬼北町の近永地区を訪れてみました。 ここでは毎年11月の第2日曜日に秋祭りが行われ、そこに四つ太鼓が出ています。


弓瀧神社氏子、近永地区の四つ太鼓
太鼓は小学生の子が4人で叩いています

空き地で休憩中のところを側面から

四つ太鼓の太鼓
太鼓のリズムは基本は2拍打って2拍置き、定期的に3拍置いて3拍打つという感じでした
太鼓と連動した独特の掛け声がまた魅力的でした

休憩しているところにお邪魔して、四つ太鼓を運行されている方に色々とお話を伺いました。 快く応対していただき、ありがとうございました。

話によると、現在使用の四つ太鼓は30年ほど前に新調されているそうです。 もちろん四つ太鼓そのものはずっと古くからありましたが、その起源については判然としないようです。 また、この辺りのお祭りとしては弓瀧神社の祭礼が最も盛大に行われているようで、 午後には駅前で牛鬼と四つ太鼓の鉢合わせも行われるということを教えていただきました。

牛鬼の方は、午前中は四つ太鼓とは別ルートで町内を廻っているとのことで、せっかくなのでそちらも探してみることにしました。

しばらく町をウロウロした結果、休憩中の牛鬼を発見。


弓瀧神社氏子、近永地区の牛鬼
牛鬼の運行は主に若い衆の担当でしょうか?

牛鬼と別れ、更に街中を散策していると、子供神輿を発見

お昼頃になって、川向こうにある弓瀧神社へ行ってみました
11時ごろには社殿の方から神楽太鼓が響いていました

境内脇の倉庫?の中に3台の神輿がありました。

ここでも、地元の方にお話を伺うことができました。 お忙しい中、応対していただき、どうもありがとうございました。

3台のお神輿は、お昼過ぎに宮出しされて、町内のお旅所へ向かうとのこと。 また、近永の秋祭りでは、牛鬼や四つ太鼓、子供神輿のほかに、五つ鹿踊りや獅子舞も町内を廻っているそうです。 五つ鹿踊りはしばらく途絶えていた時期があったそうですが、3年ほど前に復活し、今では人気も一番高いようです。 なんでも運が良くないと五つ鹿踊りには出会えないとか(運の悪い私は出会えませんでした……とほほ)。 また、子供神輿の運行図なども見せてもらって、お旅所の場所も教えていただくことができました。


神社を出ると、ちょうど子供神輿が帰ってくるところでした

神社で教えてもらったお旅所へ行ってみましたが
当然ながら、まだ人っ子ひとりいませんでした

近永を出発する時刻が迫ってきたところで獅子舞を発見
五つ鹿踊りにも会いたかったなあ……

[その1] /  [その2] /  [四つ太鼓特集]
inserted by FC2 system